軽車両用のトランクルームの概要

バイクその他の車両用のトランクルームの内容です

自動車よりも軽量の車両用であるトランクルーム

自動車用であるものとの大きな違い

基本的に、二輪車や三輪車などからなるバイクや自転車その他からなる、いわゆる各種軽車両用のバイク・ボックスに関しての内容になります。自動車などからなる4輪車用であるものとは異なり、複数台からなる軽車両類を一度に複数台、収容出来る点が、最も大きな違いとして挙げられます。自動車用の場合、住宅敷地内にある駐車用ガレージなどと同じく、基本的に1、2台のみしか駐車が出来ないような仕様になっていますが、それとは違って、自動車類にコンパクトな軽車両を収容が可能な仕様になっています。これは、こうしたバイク・ボックスの特徴だけでは無くて、それ自体の良さやメリットでもありますので、軽車両を複数扱う駐輪場などを有している事業者の方などは、これを使わない手はありません。また、何らかの事情で複数台からなる軽車両を扱う方の場合でも、大いに利用価値があります。

それなりのよくあるデメリットについて

一度に自動車よりも小さめなバイク・自転車などを複数台収容が可能であるバイク・ボックスになりますが、一見すると、大変大きなメリットばかりがあるような感じも窺えます。しかし、それだけにやはり、そのための場所としてのスペースを必要としていくところもありますので、そうした面で課題ともいえるデメリットも存在します。ボックスによっては、その大きさが自動車約3台分、あるいはダンプカー1台分程度の広さである、設置のためのスペースの確保をしていく必要性などもある場合もありますので、大都会や巨大都市圏内などではそのための土地や場所などの確保が難しいといった面で、問題になっているところもあります。中々難しい問題といった課題でもありますが、それなりにやはり、如何に、低コストで利用が可能な土地や道路などに近い場所の確保をしていけるかが、大きなポイントでもあります。

田舎街では中々持ってこいの設備

本文2の段落内でも話した、大都会や巨大都市圏内など以外である田舎街の繁華街とかの場合、スペース的にも余裕がある場合も少なくはありません。そうした場所では中々、持ってこいの設備でもあります。ただ、そうした田舎街の場合、バイクや自転車などよりも、自動車やトラックなどの乗車率のほうが高いので、それ程の利便性とかが一見すると、無いようにも思えたりするようなところがあります。しかし、高齢者などの方の中で、バイクや自転車を運転されたりする方が少なくは無く、病院への通院、役所への通い、などをそれらの軽車両でされたりする方もおられますので、やはり、そうした各場所では必要な事も少なくはありません。

人気記事ランキング