トランクルームの使い方の一方法

今回の記事では三輪車用のトランクルームの話です

トランクルームの使い方での知恵の工夫

自動三輪車用のトランクルームの入手・設置

いわゆる、サイドカーやミニカーなどの部類である自動オートバイなどと呼ばれているバイク類や、三輪自転車の場合での、トランクルーム・ボックスに関しての内容になります。これらの車両本体の場合でも、それら各自毎の大きさによる、ボックスの仕様・形態を考えていかなくてはならないので、まずは、車両本体に関しての基本情報をしっかりと把握をしておく事から始める事が必須です。中でも自動三輪車の場合、基本的に660CC以上の自動車類と同じような扱いですので、馬力があり大きさがワイドサイズである車種のものの場合とかでは、自動車収納用であるトランクルーム・ボックスのほうを購入をする形のほうが、間違いなくベストです。小型のサイドカーやミニカーであるタイプの車両などの場合には、通常の自動二輪用であるものなどでも十分に対応が可能である場合もありますので、一度は展示会でご見学や仕様確認とかをされてみられる事も、大変お勧めなところがあります。

もう既に先の本文1のところでも少しだけ触れましたが、サイズが大きくて馬力のある自動三輪車の場合、ほとんど大型軽自動車や普通乗用車などと変わりがありませんので、自動車用のトランクルーム・ボックスを購入をされた上、改造が可能なら同車両用に改造工事などをして使用するといった方法などもあります。大抵のビッグサイズであるサイドカーやミニカーなどの車両の場合、軽自動車クラスの大きさになるものと考えられますので、そのあたりの大きさを目安にしながら、購入をしていく事に関してのご検討・判断とかをしていく事も、中々ベストです。また、1000CCクラスの大きさ・重量からなる軽乗用車などの大きさも目安にして、それ用のものを購入していく方法もありますので、ぜひ、ご検討をされてみる価値もあります。

自転車の三輪車タイプであるものの場合

今度は自転車の三輪車タイプの車両用のトランクルーム・ボックスになりますが、先にも話したサイドカーやミニカーなどのようなバイク類タイプであるものよりも、コンパクトなタイプであるものを購入をしていくという形のほうが、とても相応しいような感じもします。はるかに、そうした自動バイク類からなる各種車両よりも小さめなものであり、収納がし易い、あるいは、折り畳み式電動アシスト自転車タイプであったりするものとかがありますので、それ程の大きさであるタイプのものを購入したりするまでも無いような余地も、確かにあります。以上が今回の記事の内容です。

人気記事ランキング